株式会社アクタ   柴田伊智郎社長

環境にやさしい「Recoポップ」

私たちの生活を見渡すとあらゆるところに「エコ商品」が存在している。そんな中、福岡県古賀市に本社を置く包装資材メーカー、株式会社アクタが展開しているエコ商品が「Recoポップ」だ。スーパーマーケットや量販店で目にする商品POP(写真参考)のエコプロダクトで、従来の「紙で作られたPOP」と異なり、紙や接着剤を一切使わず全てポリスチレンでできているため、リサイクル可能な環境にやさしい商品だ。同社の柴田伊智郎社長によると、2016年には提供可能な型の種類が30以上になり、顧客の選択の幅も広がっている。 さらに、アクタにとって2016年は、5ヵ年計画で会社のスローガンを「和力」と定めた2年目であり、商品テーマを「オールマイティ」と掲げて走ってきた一年間だったと柴田社長は振り返る。毎年4月に開催されるFABEX(国内最大級の業務用食品・食材機器、容器の総合見本市)から始まる2017年度に向けて周到に準備を整えているようだ。カウテレビジョンでは、引き続きアクタ社の近況を追っていく。 (取材:2016年12月カウテレビジョン大滝)