株式会社カクマル   曽根田 馨 社長(肩書は2012年8月取材当時)

他分野での次なる一手

 2017年7月、株式会社カクマルの曽根田馨社長に近況を伺った。同社は測量に使うアルミプレートや水準点鋲、プラスチック杭、木杭など、いわゆる測量用材の総合メーカーだ。これだけ幅広い製品を扱える会社は、同業の中でカクマルのみだという。
 本業の測量用材の他に、平成23年に立ち上げた「クリエイト事業部」では「うこんゼリー」を発売し、月5万本を売り上げる規模にまで成長している。また、同事業部の次なる商品として「エナジーゼリー」を8月から販売予定。液体のエナジードリンクはあるが、ゼリー状のエナジー製品はないことに目を付けたという。大学の売店、居酒屋、量販店等で販売予定。本人も元自転車競技のアスリートである曽根田社長は、同商品が学生やスポーツマンに好まれるだろうと力強く語った。
 また、採用面では2018年採用として3名採用を目標としている。求める人物像は「文系理系は関係なく、志を持った人」「1つのことを突き詰める人を採用したい。PDCAを上手く回せる人は仕事でも活躍する」と期待を語った。
(取材:カウテレビジョン 川上尚子 2017.7.11)

この社長のVTRを全て見る ※番組は新しいほうから順に並んでいます。