株式会社グランディーズ   亀井浩 社長

VTR2:無理せず買えるコンパクト住宅 価格設定の秘密 (2014年1月公開)

会社名
株式会社グランディーズ
所在地
大分市都町2丁目1番10号ウォーカービル3F
事業内容
建売住宅「フォレクス」の販売、 投資用マンション「レスコ」の販売、 分譲マンション「ラグジン」の販売、 建築請負、 建築・不動産コンサルティング
創業
2006年11月
資本金
7002万円
 
ホームページはこちら

●グランディーズとは? インタ:「年収300万円のファミリーでも、無理せず持てるお手頃価格のコンパクト住宅」それに強いグランディーズが、短い期間で株式上場まで成し遂げてきた会社なんですが、「年収300万円のファミリーでも無理せず持てるお手頃価格のコンパクト住宅」 商品名を「建売住宅フォレクス」というふうに伺っていますが、 ●年収300万円で買える家 インタ:地方都市で働く若い方の年収は、00〜400万しかないんです。ハウスメーカーの建売住宅を、土地から買うと3000〜5000万、地方都市、地元企業で真面目に働く方は、とてもじゃないけど家を持てないわけです。こういった方が無理せず買える家は、2000万以内、中古よりも新築に住みたいだろうから、そうなると2000万以内の優良な住宅を、提供する必要があると思います。   インタ:土地付きで2000万以内? 社長:そうなると、月々のローンの返済が、ボーナス払いがなくても4〜5万円台で済む インタ:35年ローンで4〜5万円台で済む? 社長:家賃よりも安い、いずれ自分の物になると、こういった商品はこれ自体が社会貢献になっていると思っています。 インタ:2000万円で土地も含む物件の大きさや、間取りなどはどういったものが多いんでしょうか? 社長:商品のパターンは大きく分けて3LDKと4LDKがあります。土地は約40坪前後が多いです。ムダな土地は要らない。 ●ムダな土地はいらない 社長:地方に住む昔からの考えで言うと、 「最低、50坪以上はないといけないと」という考え方が多いんですが、実際、使っていない場所とか、隅っこの要らない場所は必要ない土地 インタ:ムダな土地が結構あるんですね。 社長:必要最低限の土地、駐車場が2台以上あって、きっちりと収まる大きさとなると 40坪くらいで十分入るんです。 インタ:従来は「50坪が最低必要」と言われていたのを、40坪で3〜4LDKかつ、駐車場2台分を、確保できるようになっているわけですね。 社長:ウチの家は3LDKで約80平米、4LDKで約85平米で提供しているんですが、平米数だけ聞くと、「狭い」という印象があるが、家の間取りはムダなところがあれば、いくら100平米でも150平米でも、使わないスペースがあれば狭く感じるわけです。 ウチの商品はムダなところがほとんどないので、85平米の家でも十分広く感じると、そういった間取りを定番として、規格品として提供している。 インタ:建売住宅だから、土地を探して、そこに上物を建てて、それを規格商品にして、告知をして売っていくということですよね? 土地を探す時、建物を建てる時の、基準や考え方はどういうふうにしていますか? ●グランディーズ流価格設定 社長:通常の建売業者は、「いくらの土地があります」と情報を受けて、土地が1000万だったら、ウチが建物に1000万かけて原価で2000万、ウチがそれから2割利益を乗せて2400万の売値、そういう考え方なんです。当社の場合は、このエリアだったら1880万、1780万と エリア別に価格を決めている。 インタ:原価ではなく、売値の価格は1800万だよねとエリア別に決めるわけですね。 社長:エリアでマーケットをして、このぐらいの商品だったらお手頃とまず売値ありきなんです。 ●売値を決めて土地を探す 社長:人気のエリアに合わせた土地を買いに行くし、もちろん当社の設定した値段に合うように、値段交渉して仕入れるし、いくら売れそうな家でも、そこに合わなければ買わない。 インタ:エンドユーザーに出す価格ありきでこの値段で、この広さだったら売れるという構想が先にあるわけですね? 社長:お客様にとっては、ウチの原価が高かろうが安かろうが関係ないわけで、お客様は「このエリアでいくらだったらお得」という考えだけなので、極論を言えば、1800万円でしか売れない土地を、当社がすごく高く買って、1800万で売ったら赤字になるとしても、お客様には関係ない話なんです。ウチが土地をタダでもらったとしても、1800万で売れるんだったら1800万で売れるわけです。 当社の原価は、お客様への目線には関係ない ので、この場所でこの大きさで、グランディーズの省エネタイプの立派な住宅だったら、「1880万はお得だよね」と「1980万でもお得だよね」と、お客様のお得感、売値を設定してからなのでですね。 インタ:従来の不動産会社は、まず土地があって、それが原価となって、その上に建物の費用を乗せて、利益乗せて、売値が設定されると、最後にお客さんの顔が出てくるわけですね。 インタ:グランディーズの場合は、お客さんがこのエリア、広さ、料金だったら安く感じるといった、お客さんの顔が先にあるというわけですか? 社長:当たり前のことを言っているが、なかなか他の不動産会社はやっていない インタ:幅はいくらからいくらまでですか? 社長:今、提供した中で一番安いもので1680万、上限が1980万です。

Fireボタンとは
Fireボタン

「あなたの心に火を点ける動画」の度合いを表す指数です。
視聴者の皆さん(あなたも!)が番組を見て、「心に火が点いた!」「何か行動を起こしたくなった」
などの場合、各動画の下にある「Fireボタン」をクリックして下さい。1クリックで1カウントされます。

Fireボタンは、カウTV内の1000本を超える社長インタビューやドキュメント動画(番組)の1本1本全て固有に付いており、それが「Fire指数」となって表されていますので、どのVTRを見るか、視聴のご参考にしてみてください。

※システムの関係上、Fire指数はリアルタイムに反映されない場合もあります。

Fire指数のランキング

2010年8月6日
カウテレビジョン

もっとあなたの心に火をつけるDVDも続々開発中!