株式会社縁   寳部 勝彦 会長/小佐古哲哉 社長

技術の日本一へ!積算士数日本一企業の挑戦

2019年7月、株式会社縁の小佐古哲哉社長にお話を伺った。同社は、建築業界の中でも積算を担う企業で、「在籍する建築積算士数日本一」は、2015年取材当時から変わらない。

同社の近況として、2015年からの5カ年計画がある。それは「技術日本一の建築積算事務所になる」ということだ。積算の過失を0にし、確かな仕事をしていくことを心がけているという。積算技術で日本一になったと言える基準は何かという問いに対し、小佐古社長は「一人ひとりが、本当に日本一と思えるか」だと語った。ひいては、社員一人ひとりが積算をやっていてよかった、同社に勤めていてよかったと思えることが行き着く先だという。

採用においては、常に20人採用を目標にしている。入社後には研修期間が設けてあり、積算に関する基本的な知識はそこで養える。そうした社内教育システムが充実していることも求職者から選ばれる理由だと語る。
しかし、「積算」という言葉自体を知らない学生も多いと、小佐古社長。同社では、「積算」を学生に知ってもらうために、業界の積算協会を通じて大学や専門学校で講義を行っているという。学生にとって身近な存在になるための努力が採用の鍵となる。
取材:梅崎馨菜/カウテレビジョン(2019年7月31日)