山芳製菓株式会社   山崎 光博 会長

ポテトショックを越えて〜山芳製菓の開発力〜

予想外の豪雨や気温急変などの天候不順によって、じゃがいもの生産量に大きな影響を与えた2017年4月。その約1年後の2018年5月、山芳製菓の山崎光博会長を取材した。事業のお話を伺うと、同社も業界トップ2社と同様に例外なく売上ダウンなどの影響は免れなかったそうだ。しかし得意の「コラボレーション」と「新商品開発」は変わらず加速している。2017年にはパインアメでお馴染みのパイン株式会社とのコラボでは、パインアメ味のポテトチップスをリリース。意外にもウケがよかったそうだ。また、主力商品である「わさビーフ味」の味だけを他社に提供して、わさビーフ味のパンやお煎餅などの商品開発も行ったという。いかなる環境下においても、同社の開発力は健在のようだ。また、山崎会長は「自立」をテーマに地元の小中学校で授業なども行っている。そういった活動の中にも人気の新商品に繋がるようなアイデアの種が埋まっていることもあるという。
 また、採用についてもお話を伺った。山崎会長は学生たちに「好きな仕事を選んでほしい」と語る。好きな仕事というのは楽な仕事ではない。どんな仕事でもつまらないこと、大変なことが起きるが、そこで人の役に立てる喜びを知れば仕事を好きになれるという考え方だまさに、同社の理念である「人につくし、人をつくる」は採用活動にも、社会人生活を送る上でも通じる大切な理かもしれない。
(取材:2018年5月21日 カウテレビジョン千代島麻乃)

この社長のVTRを全て見る ※番組は新しいほうから順に並んでいます。