クラレイ株式会社   沖 一生 社長

食材商社のクラレイ 新規開拓も採用も楽しみながら

2019年10月、クラレイの沖一生社長にお話を伺った。同社は、主に農畜水産物を輸入から加工、保管、販売まで一連で行っている食材商社だ。

近況として、2019年4月に東京営業所を構えた。東京営業所では、同社商事部が世界各地で加工し輸入してきた、クラレイ自社商品の販売を関東エリアで行っている。「今は、輸入エビの販売が中心であるが、徐々にクラレイブランドの農畜水産物全般へと幅を広げていく」と沖社長。日本全国への農畜水産物の供給をさらに加速させる計画だ。

また、採用面においては、東京営業所で活躍している中途入社3名に加え、大卒者2名の計5名が今年の春に新たに加わった。新卒の採用試験では、カードゲームを取り入れ、社員と学生との交流を深めているという。これも沖社長が導入した取組みだ。同社では、社長も全面協力で選考を行っている。そこには、門を叩いてくれる学生を深く理解したいという沖社長の想いがあった。

2018年の取材時に、沖社長から「不常識」「非真面目」という座右の銘を伺った。その言葉どおり、既存のやり方に囚われず、楽しみながら挑戦を続けている。

取材:梅崎馨菜/カウテレビジョン(2019年10月10日)