カウテレビジョン HOME > 離婚ワンカメ相談 > 慰謝料、財産分与、養育費(離婚のお金のトラブル)

離婚のお悩み相談TV(あなたの離婚に関するお悩みを、福岡の堀内 恭彦弁護士が動画で解決します!)

離婚件数は1年間で25万件にも及ぶ、日常に密接するトラブルの1つです。この番組では、その離婚問題の解決法を専門家が解説します。離婚届の書き方、慰謝料、財産分与、養育費(離婚のお金のトラブル)、不倫トラブルなど。解決したくても一体どうしたらよいか分からない、そんな悩みに福岡の人気弁護士・堀内恭彦弁護士が丁寧に回答してくれます。

慰謝料、財産分与、養育費(離婚のお金のトラブル)

離婚するとお金はいくらもらえる?

結婚12年目で、10歳と5歳の子供がいますが、夫の暴力やギャンブルが原因で、話合いの結果、離婚することになりました。離婚するときのお金はいくらぐらいもらえるのか、教えて下さい。

福岡 堀内恭彦弁護士の働きぶりをのぞいて見る
慰謝料 財産分与 養育費

(監修:堀内 恭彦弁護士

慰謝料、財産分与、養育費(離婚のお金のトラブル)

堀内弁護士の解説内容を以下にまとめました。

離婚1

慰謝料とは?

まず、慰謝料とは、離婚の原因を作った側が精神的苦痛を受けた側に支払う損害賠償金のことをいいます。今回のご相談の場合は、暴力やギャンブルによって離婚の原因を作ったのは夫の方だと思われますので、夫が妻に慰謝料を支払わなくてはなりません。

その他に、慰謝料が請求できるケースは?

不倫行為、精神的虐待、借金、浪費ぐせ、性生活の拒否、重大な病気を隠していた、宗教活動のやり過ぎ、犯罪行為など、があります。反対に、性格の不一致など、離婚の原因が夫婦双方にある場合(どっちもどっち)や、どちらかが悪いとはっきり言えないような場合には、慰謝料の請求は認められません。

金額の相場は?

慰謝料は、心の痛みに対する値段なので、残念ながら、決まった基準はありません。夫婦生活の内容や相手方の行為の悪質さ、期間など、個々の具体的事情によります。

財産分与とは?

財産分与とは、婚姻期間中に、夫婦の協力によって築いた財産を分配することをいいます。婚姻期間中に夫婦の協力によって築いた財産が対象となります。例えば、結婚した以降に購入した不動産、車、預貯金、株券、生命保険、退職金、年金などが、対象となります。反対に、結婚前から、個人で所有していた財産は、対象になりません。 また、婚姻期間中に、相続したり、贈与を受けた財産なども対象になりません。

いつまでも、請求できるのですか?

離婚成立から2年で時効になるので、注意が必要です。

離婚2

養育費とは?

養育費は、子供の養育に必要とされる費用のことです。これは、相手方に支払うのではなく、自分の子供に支払う、という性質のものです。通常は、子供が成人するまで、月々いくら、と取り決めて支払います。

金額は?

家庭裁判所では、「養育費算定表」というものを使っていますので、これが参考になります。夫婦それぞれの収入によって、おおよその養育費の範囲が決められています。これは、裁判所のホームページで簡単に見ることができます。

注意点は?

養育費の取り決めをしても払わない人もいるので、きちんと書面にしておくことが重要です。できれば、公正証書などの、強い効力を持つ書面を作成しておくことをお勧めします。公正証書があれば、相手方の財産や給料を差し押さえることができますので、養育費を回収できる可能性があります。

まとめ

離婚の際には、慰謝料、財産分与、養育費(離婚のお金のトラブル)などのお金を請求できる場合があります。まずは、お互いでよく話し合いをして、金額や支払い方法を決めておきましょう。その際、公正証書にしておくと、安心です。

福岡 堀内恭彦弁護士の働きぶりをのぞいて見る

その他の離婚お悩み一覧〜あなたの離婚のお悩み解決します!!

  • 男女交際での金銭トラブル
  • 婚約破棄
  • 男性からの離婚
  • 熟年離婚のポイント
  • 離婚と子供の親権
  • 不倫トラブルと裁判
  • 離婚の弁護士の頼み方
  • 不倫トラブルと慰謝料
  • 慰謝料、財産分与、養育費
  • 離婚届の書き方、出し方
  • 協議離婚、調停離婚、裁判離婚