カウテレビジョン HOME > 離婚ワンカメ相談 > 離婚の弁護士の頼み方

離婚のお悩み相談TV(あなたの離婚に関するお悩みを、福岡の堀内 恭彦弁護士が動画で解決します!)

離婚件数は1年間で25万件にも及ぶ、日常に密接するトラブルの1つです。この番組では、その離婚問題の解決法を専門家が解説します。離婚届の書き方、慰謝料、財産分与、養育費、不倫トラブルなど。解決したくても一体どうしたらよいか分からない、そんな悩みに福岡の人気弁護士・堀内恭彦弁護士が丁寧に回答してくれます。

離婚の弁護士の頼み方

弁護士に依頼した時の手続きや費用は?

妻とは長年、仲が悪く、ほとんど口も利かない状態が続いています。私は離婚したいのですが、妻が離婚の話し合いにも応じてくれません。これ以上どうしようもないので、弁護士さんに依頼するしかないかと思っています。弁護士さんに依頼した場合の手続きや費用について教えて下さい。

福岡 堀内恭彦弁護士の働きぶりをのぞいて見る
離婚 弁護士 費用 手続き

(監修:堀内 恭彦弁護士

離婚の弁護士の頼み方

堀内弁護士の解説内容を以下にまとめました。

弁護士へ相談1

弁護士に依頼すると何をしてくれる?

弁護士はまず、依頼者の代理人となって、相手方と交渉をします。弁護士という第三者が入ることによって、相手方も冷静になり、解決できる場合も少なくありません。

交渉してもまとまらない場合は?

交渉してもまとまらない場合は、家庭裁判所に離婚調停の申し立てをします。調停は話し合いの場であり、調停委員という人がいて、お互いの言い分を聞きながら、話し合いを進めていきます。だいたい、月に1回ぐらいのペースです。ただし、調停委員は、あくまでも裁判所の人ですので、どちらか一方に積極的にアドバイスしてくれる訳ではありませんし、やはり一人で裁判所に行くのは不安なものですから、弁護士がついていた方が心強いことは間違いありません。

弁護士へ相談2

調停でもまとまらない場合は?

調停でも話がまとまらない場合は、裁判を起こします。裁判では、法律的な主張や証拠の提出なども必要ですので、弁護士に任せたほうがよい結果が出ると思います。

費用は?

交渉、調停、裁判の、どの段階から依頼するかなど事件の内容によって違ってきます。だいたい、着手金が10万円から30万円ぐらいという弁護士さんが多いと思います。報酬金などは、事件の内容や回収できた金額などによって違いますので、予め、きちんと、弁護士と取り決めておく必要があります。弁護士費用の相場は、日本弁護士連合会のホームページにも載っていますので、参考にされて下さい。

まとめ

離婚問題は、依頼者と弁護士が協力しながら解決していかなくてはなりません。信頼できる弁護士さんに、早めにご相談されることをお勧めいたします。

福岡 堀内恭彦弁護士の働きぶりをのぞいて見る

その他の離婚お悩み一覧〜あなたの離婚のお悩み解決します!!

  • 男女交際での金銭トラブル
  • 婚約破棄
  • 男性からの離婚
  • 熟年離婚のポイント
  • 離婚と子供の親権
  • 不倫トラブルと裁判
  • 離婚の弁護士の頼み方
  • 不倫トラブルと慰謝料
  • 慰謝料、財産分与、養育費
  • 離婚届の書き方、出し方
  • 協議離婚、調停離婚、裁判離婚