離婚のお悩み相談TV(あなたの離婚に関するお悩みを、福岡の堀内 恭彦弁護士が動画で解決します!)

離婚件数は1年間で25万件にも及ぶ、日常に密接するトラブルの1つです。この番組では、その離婚問題の解決法を専門家が解説します。離婚届の書き方、慰謝料、財産分与、養育費、不倫トラブルなど。解決したくても一体どうしたらよいか分からない、そんな悩みに福岡の人気弁護士・堀内恭彦弁護士が丁寧に回答してくれます。

不倫と慰謝料裁判

不倫相手の女性に対して何かできることは?

夫の浮気が判明しました。夫は反省して浮気を認めた上で「もう別れた」と言っていますが相手の女性が夫との関係をなかなか認めません。どうしたらいいでしょうか?

福岡 堀内恭彦弁護士の働きぶりをのぞいて見る
不倫 慰謝料

(監修:堀内 恭彦弁護士

不倫と慰謝料裁判

堀内弁護士の解説内容を以下にまとめました。

不倫1

何ができる?

慰謝料の請求ができます。夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合、損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として、損害賠償を請求することができます。
(1)結婚していると知っていたこと、が必要となる。
(2)別居中など、既に婚姻関係が破綻した後に関係を持った場合、慰謝料の請求ができない場合もある。

慰謝料の相場基準は?

慰謝料の金額は、算定基準はなく、具体的に相場がいくらと決まっていません。慰謝料の金額は、不貞行為による損害の程度や個々の事情が考慮され決められます。慰謝料の算定に考慮されるのは、被害を被った配偶者が受けた精神的苦痛の程度、不貞行為の発覚によって夫婦の婚姻関係が破綻したかどうか、年齢、結婚年数、不貞行為の期間・回数、どちらが不貞行為に積極的だったか、また異性の愛人の財力、社会的地位などを総合的に判断し、裁判官が金額を決定します。

離婚をしなくても不貞行為(浮気・不倫)の慰謝料の請求はできる?

できますが、離婚をした方が、慰謝料は高くなる傾向があります。過去の裁判例では50万円から400万円の間が多く、一般的には200万前後がもっとも多いです。

不倫2

証拠は必要?

不貞行為の証拠がなくても、愛人が不貞行為を認めて慰謝料を支払ってくれれば、証拠は必要ありません。しかし、相手が不貞行為を認めず裁判で争うこととなれば、不貞行為の証拠が必要です。証拠を集めるには調査力のある探偵社・興信所に相談した方が良いです。探偵社・興信所ではビデオ、写真、メール、目撃証言などの裁判に必要な確かな「不貞の証拠」を集めてくれます。

時効に注意

不倫の事実を相手方を知ったときから3年で時効です。

まとめ

不貞行為をした異性の愛人と直接話し合える場がもてるのでしたら、直接話し合って和解した方が良いと思われます。裁判をすると一定の時間がかかり、その間はお互いに精神的負担が大きくなります。また、夫との関係をどうするか、やり直したいのか、離婚するのかを少し時間をおいて考えた方がいい場合もあります。

福岡 堀内恭彦弁護士の働きぶりをのぞいて見る

その他の離婚お悩み一覧〜あなたの離婚のお悩み解決します!!

  • 男女交際での金銭トラブル
  • 婚約破棄
  • 男性からの離婚
  • 熟年離婚のポイント
  • 離婚と子供の親権
  • 不倫トラブルと裁判
  • 離婚の弁護士の頼み方
  • 不倫トラブルと慰謝料
  • 慰謝料、財産分与、養育費
  • 離婚届の書き方、出し方
  • 協議離婚、調停離婚、裁判離婚