離婚のお悩み相談TV(あなたの離婚に関するお悩みを、福岡の堀内 恭彦弁護士が動画で解決します!)

離婚件数は1年間で25万件にも及ぶ、日常に密接するトラブルの1つです。この番組では、その離婚問題の解決法を専門家が解説します。離婚届の書き方、慰謝料、財産分与、養育費、不倫トラブルなど。解決したくても一体どうしたらよいか分からない、そんな悩みに福岡の人気弁護士・堀内恭彦弁護士が丁寧に回答してくれます。

婚約破棄

婚約を破棄されたらどうしたらいい?

婚約をしましたが、相手から「他に好きな人ができた」と言われて,婚約を破棄されました。悔しくてたまりません。どうしたらいいでしょうか?

福岡 堀内恭彦弁護士の働きぶりをのぞいて見る
離婚 財産分与 慰謝料 親権

(監修:堀内 恭彦弁護士

婚約破棄

堀内弁護士の解説内容を以下にまとめました。

不倫1

婚約破棄の正当事由とは?

正当事由として認められる理由には
・婚約相手が他の異性と性的関係をもった場合
・婚約相手から,暴力,虐待、重大な侮辱をうけた場合
・相手が失業、倒産などにより収入が極度に低下した場合
などがあります。
正当事由として認められない理由としては
・他に好きな人ができた
・性格が合わない
・親兄弟が許さない(婚約までしている状況では認められません)
があります。

損害賠償として何を請求できる?

精神的な苦痛を受けたということで慰謝料と結婚準備のために費やした費用や失った利益(財産的損害)を請求できます。

不倫2

慰謝料の相場はいくらくらい?

慰謝料は「心の痛みの値段」です。はっきりとした基準は無いですが、裁判になれば50万〜200万円で判断されることが多いです。 金額には、同棲していた期間、肉体関係の有無、婚約破棄の時期(結婚式の直前だったなど)様々な要素が絡んできます。

結婚のために仕事を辞めていた場合、その損害も請求できるのでしょうか?

できます。これは慰謝料としてではなく、本来、仕事を続けていれば得られた財産的損害(逸失利益)として請求することになります。どの程度認められるかは、非常に難しいところですが、1年分の逸失利益を認めた裁判例もあります。

まとめ

婚約破棄のポイントは、「婚約が成立していたかどうか」「正当事由があるかどうか」です。相手が婚約を認めない場合は、メールや手紙など、婚約が成立したことの証拠をしっかり残しておくことも必要です。弁護士さんとよく相談しながら進めるのがいいと思います。

福岡 堀内恭彦弁護士の働きぶりをのぞいて見る

その他の離婚お悩み一覧〜あなたの離婚のお悩み解決します!!

  • 男女交際での金銭トラブル
  • 婚約破棄
  • 男性からの離婚
  • 熟年離婚のポイント
  • 離婚と子供の親権
  • 不倫トラブルと裁判
  • 離婚の弁護士の頼み方
  • 不倫トラブルと慰謝料
  • 慰謝料、財産分与、養育費
  • 離婚届の書き方、出し方
  • 協議離婚、調停離婚、裁判離婚