恩義のバトン/福一不動産古川隆社長

投稿日時:March 29, 2008 / 03:53 PM  投稿者: 高橋康徳

◇2008年3月29日(土)◇ 曇り

福一不動産・古川社長

先日、福一不動産の古川社長とランチをご一緒させてもらった。

福一不動産は九州最大の歓楽街、中洲地区で紹介シェア7割を誇るという、ダントツNo.1の不動産会社、それをたった一代で起こしたのが古川社長だ。

20080329furukawa.jpg

古川社長はカウTVの社長インタビューにも登場されているので、詳しくはそれ(下のリンク)をご覧いただきたいが、古川社長自身、最初はごくありふれた不動産屋だったという。

古川氏の転機

それが、(株)やずや創業者矢頭宣男氏に出会って「経営計画書」を学び(インタビューのVTR4:「公開!福一不動産の経営計画書」参照)、ランチェスター経営(株)竹田陽一氏に出会って「ランチェスター法則」を学び、不動産ビジネスに活路を見出した勉強家だ。ビジネスの範囲を"中洲"という小さな島に絞り込み、客層を同業他社が嫌がる中洲の店舗に絞り込んで大成功した。まさにランチェスター経営戦略のお手本のような方だ。

福一不動産古川隆社長(カウ社長室No.052)のインタビューはコチラ


恩義のバトン

こうした「先人の導き」によって自らのビジネスに活路を見出した古川社長。先達から受けた恩を後進に返そうと、古川社長は現在、いくつかの勉強会を主催されている。その勉強会をご紹介したい。

1.博多経友会
毎月第一火曜日にキャナルシティのグランドハイアットで開催されている経営勉強会。飛び込み参加可。福岡を中心に活躍している経営者などを招いて講演を行い、その後、参加者同士の名刺交換会や食事会も行われる。参加者は毎回30~60人。参加費は、会員2000円、非会員3000円。

2.ステップアップ20
毎月第1~3金曜日の早朝7時~8時30分に開かれる経営勉強会。参加者は福岡市近郊の企業経営者や会社員など。前半50分間で経営ビデオを見て学習し、後半の40分間で参加者同士がそれぞれの意見を発表し合う。参加費は1ヶ月払いだと5000円。

高橋康徳

今日のモチマネワード  
モチマネワード544:恩義のバトン/福一不動産古川隆社長


今日の記者メモ

もうすぐ2歳になる娘の保育園の入園式。朝、起きてバタバタと着替えさせたり食事させたりしながら、ふと、自分も幼い頃、こうして父や母から手取り足取りで保育園に行かせてもらっのを思い出す。輪廻である。我が子に「してあげている」のではなく、親からしてもらった恩を我が子に向けて返しているだけなのだ。彼女がどこまで進学するかは定かではないが、親に対する恩返しのつもりで我が子に愛情を注ごうと決意。そんな朝のひとときでした。

凡事徹底リスト
 ○ 早起き7時まで
 ○ 凡事チェック
 × 新聞(ニュース)
 ○ がっちり握手
 ○ 大声挨拶
 ○ 刺激に会う
 ○ 家族、先祖に感謝
 ○ チーム、友人、客に感謝
 ○ お礼ハガキ/メール/FAX



恩人・仲間たち講演(勉強会)を聴きました固定リンクコメント (0)トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL

コメントを投稿

« カウTVの採用について(福岡マスコミ志望者) | メイン | 問題と向き合う/ONO GROUP小野孝社長 »