【工夫】成功者の共通点はコレ

投稿日時:May 25, 2009 / 06:41 PM  投稿者: 高橋康徳

おはようございます!元旦以来、6時半起床継続中の高橋です。
今朝も張り切って起きてます!

◇2009年5月25日(月)◇ 晴れ

20090525001.jpg

「朝は金、昼は銀、夜は胴」

この教訓に従って、早起きしているわけですが、最近、「早起きにも技術がある」ということが分かってきました。今日はその一部をご紹介します。

アイデアその1:行動を「仕組み」にする

まず、早起き仲間を1人募ります。僕の場合は、アクサ生命の山内さんという早起き仲間と協力しています。やり方はカンタン、朝6時半に電話をし合って相手が起きていることを確認するだけ。単純ですし1分で終わります。

単純な仕組みですが、これが実に奥が深い。他人の目(?)を使うことで、自分ひとりでは続かない僕みたいな人にも効果あり。実際、続かなかった早起きが今年は、このシステムのおかげで元旦から約5ヶ月間も続いています。(日曜日と海外出張を除いて毎日欠かさず!)しっかり仕組みになっているので、どちらか失敗した時もフォローできるのもナイス!

ちなみに、この方法を教えてくれたのは福一不動産の古川社長でーす!

アイデアその2:目覚まし時計を声にする

こ れは携帯電話を使ってやります。最近のケータイにはボイスレコーダー機能が付いてますよね?それを使って、自分自身を起こす目覚まし声を吹き込んで流 すのです。

例えば僕の場合は、「高橋君、6時半よ!!起きて~!山内さんに電話しないと恥ずかしい思いをするよ!!頑張れ!高橋く~ん!おはよー!!」という自分の声が流れるんです。他人には聞かせたくない恥ずかしいメッセージですが、その恥ずかしさが手伝ってか、効果はてきめん。自分の声でなくても、ガールフレンドとか子どもの声だと、さらに効果的かも!?

ちなみに、この方法のヒントは、「アイドル目覚まし時計」から得ました~!

いかがでしょうか?あなたの早起きの秘訣を、ぜひ教えて下さい!

高橋康徳/カウテレビジョン



最近、これにはまってます固定リンクコメント (2)トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL

コメント (2)

お久しぶりです。

ジャパネットたかたで働いています、松代です。


ブログ拝見させて頂いてますー。

早起きが苦手でルーズな自分も変えたいので、
「早起きアイデア」実行させて頂きます!


急にメールしてすみません。
5/20(水)アップのブログのエネルギーを感じてメールさせて頂きました。


先日、河原社長出演のカンブリア宮殿を観ました。

「半歩、先を行く」という言葉、心に残りました。
「とらわれないこと」「自分を信じること」などのメッセージを私は受けました。
そのベースには、自分の行動を客観的に厳しく見つめることが大切なのではないかと感じました。


高さんに報告したいことがありまして。
それは、「ディレクター講座がすごく為になっている」ということです。

毎週、情熱大陸を観て良いと感じたテロップのエフェクト効果やナレーションの言葉などメモして少しでも仕事に活かせるようにしています。


いきなりですが、
高さんが好んで観てしまう番組や為になる番組を、良ければ教えて頂けないでしょうか。
ちなみに、私は
・100年インタビュー(NHK) コンセプトとアナウンサーのインタビュー力が好きです
・A-Studio (TBS) 事前取材と静止画の使い方が好きです
・アメトーク(朝日テレビ) 企画・テロップが好きです
・ドーモ(KBS) カメラワークが気持ち良いです
・COW TV(WEB) しゅんぴーが撮影していると考えるとエネルギーが沸きます


すみません、いきなりメールしましててお願い事まで・・・。


明日から早起きします!
松代でした。


☆しんご、お久しぶりね!
ディレクター講座、役に立ってるみたいでよかった。最近では外部の方からの「ビデオ撮影法を教えて」という依頼が増えてきてます。そろそろ教室を再開せねばならないかなぁ・・・と感じている今日この頃です。さて、ご質問の件、僕が好んで見る番組は・・・

1.たかじんのそこまで言ってい委員会(読売テレビ)
2.カンブリア宮殿(テレ東)
3.ゴッドタン(テレ東)&アメトーク(テレ朝)

といったところでしょうか。意外性がなくてスマンネ。最近はあまりニュース番組を観てなくってそれよりバラエティ番組の切り口やコーナー完パケを見ている方が意外と参考になるような気がしてます。ちなみに、俊輔は学習したい項目ごとに「ニュース」と「バラエティ」を見分けているみたいよ。

コメントを投稿

« 「小さな会社のブランド戦略」セミナーDVD | メイン | 【掲載】月刊「九州王国」ドーン! »